過去のトピックス

|平成30年度|平成29年度|平成28年度|平成27年度|平成26年度|平成25年度|平成24年度|平成23年度以前|

|行事の過去ログへ|

平成24年度

     
第2回睡眠研究会(7月5日~6日)が名大トピックスNo.231(P.14)で紹介されました。

田口徹助教が平成24年9月15日~16日に長崎で開催された日本線維筋痛症学会 第4回学術集会で優秀演題賞を受賞しました。

3月13日(水)に熊本大学発生医学研究所 多能性幹細胞分野 研究員 上野 太郎 先生の セミナー(医学特論)を開催致しました。

2月15日(金)に東京大学大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 教授 能瀬 聡直 先生の セミナー(医学特論)を開催致しました。

名古屋大学予防早期医療創成センター 第3回ワークショップ 「睡眠と健康」のセッションで山中章弘が講演を行いました。
日時: 平成25年1月29日(火)10:30~17:30
会場: 名古屋大学 理学南館 坂田・平田ホール/セミナー室
名古屋大学理学研究科 アドバンス生命理学特論 で山中章弘が講義を行いました。
日時: 平成25年1月21日(月)16:30~18:00
会場: 名古屋大学 理学A館 222講義室
演題: 本能行動を司る視床下部神経細胞の機能操作と運命制御
      ~どうやって眠るのか? お腹が空くのは何故か?~
山中章弘がSydney 2012 Joint AuPS/PSNZ/ASB Meeting シンポジウム”Brain dysfunction and translational neurophysiology”で講演を行いました。
アブストラクト

山中章弘が「細胞を創る」研究会(平成24年11月21~22日)で講演をしました。
アブストラクト

山中章弘が、神経化学大会公開シンポジウムで講演しました。(神戸市 9月30日)
構造生物学から創薬まで: G蛋白質共役型受容体研究がもたらすパラダイムシフト    
(公開シンポジウム) アブストラクト

第4回 光操作研究会 (動作原理の理解と行動制御への応用)を開催しました。 (自然科学研究機構 岡崎カンファレンスセンター 9月27日~28日)

山中章弘が、遺伝学会ワークショップ「マウス遺伝学が支える生命科学 part 2」で講演しました。(福岡市 9月26日)
光遺伝学を用いた視床下部神経による本能制御機構の解明 アブストラクト

カルガリー大学・井上 渉先生のセミナー(基盤医学特論)を9月25日に開催しました。

山中章弘が第50回生物物理学会年会で講演しました。(名古屋市 9月22日)
シンポジウム「レチナール蛋白質と光遺伝学」 オプトジェネティクスを用いた睡眠覚醒調

山中章弘が9月18日に第35回日本神経科学会大会 シンポジウム 「光操作で探る神経回路の作動原理」で講演を行いました。  抄録
Massachusetts Institute of Technology・Edward S. Boyden, Ph.D.のセミナー(基盤医学特論)を9月17日に開催しました。
山中章弘が9月12日に第20回脳の世紀シンポジウムで講演を行いました。
主催:NPO法人脳の世紀推進会議
共催:(財)ブレインサイエンス振興財団 /(独)理化学研究所脳科学総合研究センター
日時:2012年9月12日(水) 開場 9:45 開演 10:15 終演 16:00
会場:有楽町朝日ホール (東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)

浄心の森 無料健康セミナーで山中章弘・林 功栄が講演を行いました。(H24.7.22)
会場: 浄心の森 鍼灸接骨院
第2回 睡眠研究会を開催しました。(H24.7.5-6)
日時: 平成24年 7月 5-6日(木・金)
場所: 名古屋大学 豊田講堂内シンポジオン(東山キャンパス)
山中章弘、常松友美、田淵紗和子が日本睡眠学会第37回定期学術集会で講演しました。(H24.6.28-29)
○山中章弘、常松友美、田淵紗和子  オレキシン神経の運命制御を用いた睡眠覚醒調節機構の解明 (July 03, 2012)
山中章弘が第1回環研カンファレンスで講演しました。(H24.6.8 名古屋)
自己紹介「これまでの研究とこれからの研究」 ~視床下部神経による本能行動発現のメカニズム~ (June 19, 2012)
山中章弘が新学術領域「大脳新皮質構築」技術支援講演会で講演しました。(H24.6.7 岡崎)
オプトジェネティックス (June 19, 2012)
山中章弘がアドバンス生命理学特論(名古屋大学理学部)で講演しました。(H24.5.18)
あなたが(知っているようで)知らない世界 人類最後の秘境「睡眠覚醒」を科学する(May 19, 2012)
山中章弘が第17回鶴舞公開セミナーで講演しました。(H24.4.19 名古屋)
オプトジェネティクスを用いた脳神経回路機能の動的解明  (April 19, 2012)
山中章弘が名古屋大学 環境医学研究所 教授に就任しました。(H24.4.1)
生理学研究所では1年間の間、併任教授として在職しますが、所属は細胞生理から機能協関となっています(April 10, 2012)