MENU

神経細胞に特徴的なカルシウムシグナリングの理解を通じて、脳の形成、変化のしくみと、その破綻による精神・神経疾患の病因や病態についての研究を推進します。これにより、生命現象における真理の探求と、医学・医療への貢献を目指しています。

News & Topics

平成29年度大学院生募集中!

当研究室では、平成29年度より大学院生(修士課程・博士課程)を募集します。真摯に研究に取り組む意欲があれば、出身学部は問いません。詳細は、募集をご覧ください。

2016.3.1 堀金慎一郎さんが助教に昇進しました。引き続き神経回路形成におけるカルシウムシグナリングの役割についての研究を推進します。
2016.01.17 堀金慎一郎さん、上田(石原)奈津美さん(名古屋大学・理学研究科)らの論文がMolecular Brain誌に掲載されました。
2015.10.01 平成27年度JSTさきがけ研究(研究領域「統合1細胞解析のための革新的技術基盤」)に、研究課題「脳深部微小神経回路を構成する細胞個性の機能的・分子的解読と情動制御への応用」が採択されました。
2015.07.01 神経系I分野・教授として、竹本が着任しました。微力ながら、より良い研究環境を築き、研究室のメンバーとともに、脳の謎に挑んで行きたいと思います。
  • 名古屋大学 環境医学研究所
  • 名古屋大学大学院医学系研究科
  • 名古屋大学