MENU

神経細胞に特徴的なカルシウムシグナリングの理解を通じて、脳の形成、変化のしくみと、その破綻による精神・神経疾患の病因や病態についての研究を推進します。これにより、生命現象における真理の探求と、医学・医療への貢献を目指しています。

研究概要

神経細胞のカルシウムシグナリング(細胞内カルシウム動態およびカルシウム依存的に活性化される一連の分子経路)は多彩であり、健康な脳機能発揮において必須であることが分かっています。その裏腹に、カルシウムシグナリングの異常が、精神疾患の発症に関与することが示唆されていますが、その病態はほとんど分かっていません。

私たちは、2つの研究テーマ、①正常な脳機能を支える神経回路形成とその破綻に伴う精神疾患の病態理解、②喜びや恐怖、不安といった感情の制御における扁桃体機能、について、神経細胞に特徴的な分子経路を手掛かりに研究を推進しています。 特に、自閉スペクトラム症や学習障害といった発達障害、うつ病などの情動障害に焦点を当て、その基盤となる分子・神経機構の解明をめざしています。

神経科学の研究では、近年目覚ましい技術革新があり、これまで知り得なかったことが解明できるようになりました。当研究室も技術的発展の恩恵を享受し、①、②の研究テーマに対し、分子細胞生物学、in vivoを含むカルシウムイメージング、組織学、行動学、回路操作、など、新旧様々な方法論を駆使し、培養神経細胞から脳内(in vivo)現象を研究対象とし、主にマウスをモデル動物として用いた基礎研究を行っています。新しい技術が次々と開発され、今後益々の発展が期待される神経科学はとても面白く、難しくもやりがいがあります。

現在研究室では、様々なバックグラウンドを有する大学院生(修士課程・博士課程)を募集中です。上記のような研究に興味のある方は、竹本までご連絡下さい。学部生の受け入れも行っています。

News & Topics

令和4年度大学院生募集中!

当研究室では、令和4年度大学院生(修士課程・博士課程)を募集中です。第2回博士課程入試の願書受付は、2021年11月15日(月)~11月19日(金)となっています(修士課程の出願は締め切りました)。

様々な研究手法により脳の機能や病気の謎を解き明かしたいという意欲を持ち、真摯に研究に取り組むことができれば、出身学部は問いません。興味のある方は気軽に竹本までメールにてご連絡ください。連絡先:竹本さやか(stakemoto at riem.nagoya-u.ac.jp)(atは@に変換)

詳細は医学系研究科HPをご確認ください。

2021.09扁桃体を介した恐怖学習の分子・神経機構に関する研究成果を、Frontiers in molecular neuroscience に発表しました。
2021.07堀金慎一郎、上田修平、兵頭布実が、第44回日本神経科学大会で発表しました。
2020.08チャネル変異によって発症するTimothy症候群病態モデルについての研究結果をFEBS Open Bio に発表しました。
2020.07堀金慎一郎が第43回日本神経科学大会にポスター発表をしました。
2020.06幼弱神経細胞におけるカルシウム変動メカニズムについての研究結果をNeuroscience Researchに発表しました。
2019.10竹本さやかが第49回⽇本神経精神薬理学会年会シンポジウムで発表しました。
2019.10堀金慎一郎がSFN 2019にて口頭発表しました。
2019.03竹本さやかがThe 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congressシンポジウムにて講演しました。
all
  • 名古屋大学 環境医学研究所
  • 名古屋大学大学院医学系研究科
  • 名古屋大学