ImageMagickの簡単な使い方

ImageMagickはX Windowシステムでの画像の表示や対話的な画像操作を
行なうパッケージです。

(最近の出来事)
最近、Solaris9を使い出したのでそこにはバイナリパッケージを入れました。
入れたのは6.0.3でした。

6.0.5以前にBMP画像の取り扱いでBufferOverflowのバグがあるそうでして、
手元のバージョンを6.0.7にアップしました。(2004.9.14追記)


簡単な使い方一覧

各コマンドは本当はオプションがたくさんあります。

display

画像を表示する。

例)
 % display hogehoge.jpg

 % display -geometry 640x480 hogehoge.tiff

表示後は
メニューでファイル操作,
画像変換処理もできます。


convert

画像のサイズ,フォーマット変換

例)
 JPEG(元ファイル)から GIF(出力ファイル)
 % convert hogehoge.jpg hogehoge.gif

 hogehoge.jpg(640x480など適当なサイズ) から hogehoge_small.jpg(320x240に)
 % convert -geometry 320x240 hogehoge.jpg hogehoge_small.jpg


mogrify

画像変換を行なう。

convertとほとんど同じじゃないか?と思ったのですが,
Mogrify transforms an image or a sequence of images.
複数のファイルを変換することができる。
convertではできません。

また, The transmogrified image overwrites the original image.
ということである。注意しませう。

例)
 一度にすべてのtiffファイルをjpegに変換
 % mogrify -format jpeg *.tiff

 640x480に変換,結果はもとのファイルに上書き
 (!をつけると元の画像の縦横比無視してサイズ変更)
 % mogrify -geometry 640x480! hogehoge.jpg


import

任意のWindowのイメージを保存できる。

例)
 % import hogehoge.jpg
 % import hogehoge.eps

 任意のWindowをマウスでクリックするとWindowのイメージが取り込める


montage

画像の一覧をつくる

例)
 hogehohe.jpg, mojimoji.jpg, piyopiyo.jpg を縮小,まとめてall.jpgにする
 % montage hogehoge.jpg mojimoji.jpg piyopiyo.jpg all.jpg


combine

画像の合成

例)
 % combine -compose difference hogehoge.jpg piyopiyo.jpg result.jpg


animate

連続画像をアニメーション表示する

例)
 hogehoge.1, hogehoge.2, hogehoge.3, ...を連続表示する
 % animate hogehoge.*


[Count](1998.7.17より)

---

ohta@riem.nagoya-u.ac.jp