名古屋大学環境医学研究所

menu
  • News &
     Topics
  • プレス
    リリース・受賞
  • セミナー・
    講義・研究会
  • 公募情報
本研究所学生がトラベルアワードを受賞しました
2019.7.26
第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会(Neuro2019)において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・松原崇紀さんと伊澤俊太郎さんが国内トラベルアワードを受賞しました。
第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会(Neuro2019)において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・松原崇紀さんと伊澤俊太郎さんが国内トラベルアワードを受賞しました。
市民公開講座 2019「肥満は万病の元!?脂肪との正しい付き合い方」を開催します
2019.7.6
名古屋大学ホームカミングデイ2019において、市民公開講座 2019「肥満は万病の元!?脂肪との正しい付き合い方」 を開催します。肥満の基礎知識から、楽しく実践できる運動・食事まで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きます。

講演1: 菅波 孝祥 先生(名古屋大学環境医学研究所 分子代謝医学分野 教授)
“肥満の基礎知識”

講演2: 浅原 哲子 先生(国立病院機構京都医療センター臨床研究センター 内分泌代謝高血圧研究部 部長)
“広げよう!メタボ撲滅の輪 −健康長寿を目指して−”

講演3: 天川 淑宏 先生(東京医科大学八王子医療センター 日本糖尿病療養指導士)
“ココロとカラダが動きたくなる運動療法の見える化とアート”

講演4: 伊藤 綾香 先生(名古屋大学環境医学研究所 分子代謝医学分野 助教)
“おいしく健康なオイルの食べ方”

2019年10月19日(土)13:00-15:45 於:野依記念学術交流館
講演1: 菅波 孝祥 先生(名古屋大学環境医学研究所 分子代謝医学分野 教授)
“肥満の基礎知識”

講演2: 浅原 哲子 先生(国立病院機構京都医療センター臨床研究センター 内分泌代謝高血圧研究部 部長)
“広げよう!メタボ撲滅の輪 −健康長寿を目指して−”

講演3: 天川 淑宏 先生(東京医科大学八王子医療センター 日本糖尿病療養指導士)
“ココロとカラダが動きたくなる運動療法の見える化とアート”

講演4: 伊藤 綾香 先生(名古屋大学環境医学研究所 分子代謝医学分野 助教)
“おいしく健康なオイルの食べ方”
2019年10月19日(土)13:00-15:45 於:野依記念学術交流館
「基盤医学特論」を開催しました
2019.7.19
Dr. Luis de Lecea(Professor, Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, Stanford University)
“Developmental Aspects of Sleep and Wakefulness”

2019年8月1日(木)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 神経性調節学分野
Dr. Luis de Lecea(Professor, Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, Stanford University)
“Developmental Aspects of Sleep and Wakefulness”
2019年8月1日(木)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室
本研究所学生がベストプレゼンテーション賞を受賞しました
2019.6.28
第44回日本睡眠学会において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・洪啓栄さんがベストプレゼンテーション賞を受賞しました。
第44回日本睡眠学会において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・洪啓栄さんがベストプレゼンテーション賞を受賞しました。
プレスリリースを更新しました
2019.6.21
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔助教・山中章弘教授)らは、北海道大学、本間研一名誉教授・客員教授らの研究グループと共同で、概日時計の中枢である視交叉上核の抑制性神経の新たな機能を発見しました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔助教・山中章弘教授)らは、北海道大学、本間研一名誉教授・客員教授らの研究グループと共同で、概日時計の中枢である視交叉上核の抑制性神経の新たな機能を発見しました。
プレスリリースを更新しました
2019.6.5
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授・小野大輔助教)らを中心とした研究グループは、中脳腹側被蓋野のGABA神経がノンレム睡眠を調節する新しい神経細胞であることを明らかにしました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授・小野大輔助教)らを中心とした研究グループは、中脳腹側被蓋野のGABA神経がノンレム睡眠を調節する新しい神経細胞であることを明らかにしました。
プレスリリースを更新しました
2019.6.5
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、新しい遺伝子改変マウスを作出し、睡眠覚醒調節におけるオレキシンと、オレキシン神経に含有されるオレキシン以外の伝達物質の役割を明らかにしました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、新しい遺伝子改変マウスを作出し、睡眠覚醒調節におけるオレキシンと、オレキシン神経に含有されるオレキシン以外の伝達物質の役割を明らかにしました。
「基盤医学特論」を開催しました
2019.6.3
柳田 素子 先生(京都大学大学院医学研究科 腎臓内科学講座 教授)
“細胞のふるまいからみた腎臓病”

2019年8月2日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 分子代謝医学分野
柳田 素子 先生(京都大学大学院医学研究科 腎臓内科学講座 教授)
“細胞のふるまいからみた腎臓病”
2019年8月2日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室
「基盤医学特論」を開催しました
2019.5.14
井上 剛 先生(東京大学大学院医学系研究科慢性腎臓病病態生理学 特任助教)
“神経系—免疫系を介した腎臓保護作用”

2019年6月20日(木)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
井上 剛 先生(東京大学大学院医学系研究科慢性腎臓病病態生理学 特任助教)
“神経系—免疫系を介した腎臓保護作用”
2019年6月20日(木)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室
本研究所教員が研究奨励賞を受賞しました
2019.5.9
第92回日本内分泌学会学術総会にて、本研究所分子代謝医学分野の助教 田中都さんが第39回研究奨励賞を受賞しました。
第92回日本内分泌学会学術総会にて、本研究所分子代謝医学分野の助教 田中都さんが第39回研究奨励賞を受賞しました。
「基盤医学特論」を開催しました
2019.2.28
谷口 俊恭 先生(東海大学医学部基礎医学系 分子生命科学 教授)
“DNA修復とがん:Fanconi anemiaから広がる世界”

2019年3月18日(月)15:00-16:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
谷口 俊恭 先生(東海大学医学部基礎医学系 分子生命科学 教授)
“DNA修復とがん:Fanconi anemiaから広がる世界”
2019年3月18日(月)15:00-16:30 於:本研究所 北館セミナー室
2月4日(月)に「基盤医学特論」を3講義連続で開催しました
2019.2.1
講義1. Leon Mullenders 先生(Professor emeritus, Department of Human Genetics, Leiden University Medical Center (LUMC))
“Maintenance of genome integrity by transcription coupled repair.”

講義2. 大学 保一 先生(東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教)
“DNA複製動態の解明へ向けたゲノム科学的アプローチ”


講義3. 廣田 耕志 先生(首都大学東京 理学研究科 教授)
“ヒト細胞ゲノム編集研究で迫るゲノム維持メカニズムの解明”

2019年2月4日(月)15:00-16:30(講義1), 16:30-18:00(講義2), 18:00-19:30(講義3)於:本研究所 北館セミナー室 担当: 発生遺伝分野
講義1. Leon Mullenders 先生(Professor emeritus, Department of Human Genetics, Leiden University Medical Center (LUMC))
“Maintenance of genome integrity by transcription coupled repair.”

講義2. 大学 保一 先生(東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教)
“DNA複製動態の解明へ向けたゲノム科学的アプローチ”


講義3. 廣田 耕志 先生(首都大学東京 理学研究科 教授)
“ヒト細胞ゲノム編集研究で迫るゲノム維持メカニズムの解明”
2019年2月4日(月)15:00-16:30(講義1), 16:30-18:00(講義2), 18:00-19:30(講義3)
於:本研究所 北館セミナー室
本研究所教員の論文が発表されました
2019.1.22
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授・山下貴之准教授)らを中心とした研究グループは、光ファイバーを実験動物に刺入せず、ファイバーレスにて神経活動を操作する技術を開発しました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授・山下貴之准教授)らを中心とした研究グループは、光ファイバーを実験動物に刺入せず、ファイバーレスにて神経活動を操作する技術を開発しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.1.21
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都助教)らを中心とした研究グループは、マイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓のプロトタイプを開発しました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都助教)らを中心とした研究グループは、マイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓のプロトタイプを開発しました。
「基盤医学特論」を開催しました
2018.12.23
笹沼 博之 先生(京都大学院医学研究科 放射線遺伝学 准教授)
“BRCA1は、DNA二重鎖切断端に共有結合したトポイソメラーゼ2除去を促進する”

2019年1月25日(金)16:30-18:00 於:本研究所 北館セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
笹沼 博之 先生(京都大学院医学研究科 放射線遺伝学 准教授) “BRCA1は、DNA二重鎖切断端に共有結合したトポイソメラーゼ2除去を促進する”
2019年1月25日(金)16:30-18:00 於:本研究所 北館セミナー室
「基盤医学特論」を開催しました
2018.12.13
戸田 浩史 先生(ハワードヒューズ医学研究所/ペンシルバニア大学 リサーチスペシャリスト)
“ショウジョウバエを用いた睡眠研究:睡眠誘導因子「nemuri」の発見”

2018年12月14日(金)15:00-16:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子神経科学分野
戸田 浩史 先生(ハワードヒューズ医学研究所/ペンシルバニア大学 リサーチスペシャリスト) “ショウジョウバエを用いた睡眠研究:睡眠誘導因子「nemuri」の発見”
2018年12月14日(金)15:00-16:30 
於:本研究所 北館セミナー室
「2018年度環研カンファレンス(第三回)」を開催しました
2018.11.28
演題1. 金尾 梨絵 先生 (名古屋大学 環境医学研究所 ゲノム動態制御分野 助教)
 "ゲノム安定性を維持するヒト細胞のDNA損傷トレランス" 
演題2. 夏目 豊彰 先生 (国立遺伝学研究所 分子細胞工学研究部門 助教)
  "染色体の恒常性維持に必須なヒトSMC5/6複合体の役割を探る:オーキシンデグロン法を中心とした新しいヒト分子細胞遺伝学を用いて"
演題3. 洪 啓栄 氏 (名古屋大学 環境医学研究所 神経系2分野 博士後期課程1年)
 "Orexin and MCH neurons double ablated mice showed severe sleep attack and cataplexy"
演題4. 吉種 光 先生 (東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 助教)
 "約24時間周期のリズムを生み出す体内時計の分子基盤"

2018年12月21日(金)15:00~17:00 於:本研究所 南館大会議室

※ 本カンファレンスは基盤医学特論を兼ねています。
演題1. 金尾 梨絵 先生 (名古屋大学 環境医学研究所 ゲノム動態制御分野 助教) "ゲノム安定性を維持するヒト細胞のDNA損傷トレランス" 
演題2. 夏目 豊彰 先生 (国立遺伝学研究所 分子細胞工学研究部門 助教) "染色体の恒常性維持に必須なヒトSMC5/6複合体の役割を探る:オーキシンデグロン法を中心とした新しいヒト分子細胞遺伝学を用いて"
演題3. 洪 啓栄 氏 (名古屋大学 環境医学研究所 神経系2分野 博士後期課程1年) "Orexin and MCH neurons double ablated mice showed severe sleep attack and cataplexy"
演題4. 吉種 光 先生 (東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 助教) "約24時間周期のリズムを生み出す体内時計の分子基盤"
2018年12月21日(金)15:00~17:00
於:本研究所 南館大会議室

※ 本カンファレンスは基盤医学特論を兼ねています。
第1回環境医学研究所シンポジウムを開催しました
2018.11.9
シンポジウムテーマ: 免疫系を介する全身臓器のクロストーク
招待演者:  理化学研究所・理事 小安重夫先生
       九州大学病態制御内科学分野・教授 小川佳宏先生
       大阪大学免疫フロンティア研究センター・教授 鈴木一博先生

シンポジウム終了後、ユニバーサルクラブ(名古屋大学シンポジオン2F)において懇親会を開催しました。

2019年2月8日(金)13:00-17:20 於:名古屋大学環境医学研究所 南館大会議室
シンポジウムテーマ: 免疫系を介する全身臓器のクロストーク
招待演者:  理化学研究所・理事 小安重夫先生
       九州大学病態制御内科学分野・教授 小川佳宏先生
       大阪大学免疫フロンティア研究センター・教授 鈴木一博先生

シンポジウム終了後、ユニバーサルクラブ(名古屋大学シンポジオン2F)において懇親会を開催しました。
2019年2月8日(金)13:00-17:20 
於:名古屋大学環境医学研究所 南館大会議室
「基盤医学特論」を開催しました
2018.11.21
新井 郷子 先生(東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター 分子病態医科学部門 准教授)
“構造学的アプローチが照らし出すAIMとIgMの結合様式とその疾患制御における意義”

2019年1月23日(水)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
新井 郷子 先生(東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター 分子病態医科学部門 准教授) “構造学的アプローチが照らし出すAIMとIgMの結合様式とその疾患制御における意義”
2019年1月23日(水)17:00より 
於:本研究所 北館セミナー室
「基盤医学特論」を開催しました
2018.10.29
柚﨑 通介 先生(慶應義塾大学医学部生理学・教授)
“新しいシナプスの作り方(と壊し方)”

2019年1月25日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
柚﨑 通介 先生(慶應義塾大学医学部生理学・教授) “新しいシナプスの作り方(と壊し方)”
2019年1月25日(金)17:00-18:30 
於:本研究所 南館大会議室
「基盤医学特論」を開催しました
2018.10.29
山口 裕嗣 先生(スタンフォード大学医学部 博士研究員)
“脳視床下部によるマウス日内休眠の制御 / マウス成体脳における細胞種特異的な遺伝子編集”

2018年12月3日(月)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
山口 裕嗣 先生(スタンフォード大学医学部 博士研究員) “脳視床下部によるマウス日内休眠の制御 / マウス成体脳における細胞種特異的な遺伝子編集”
2018年12月3日(月)17:00-18:30 
於:本研究所 神経性調節学分野
本研究所教員の論文が発表されました
2018.10.27
本研究所の教員(ゲノム動態制御分野、増田雄司准教授・益谷央豪教授)らを中心とした研究グループは、DNA損傷が引き起こす遺伝子変異のリスクをコントロールする分子メカニズムの一端を提示しました。
本研究所の教員(ゲノム動態制御分野、増田雄司准教授・益谷央豪教授)らを中心とした研究グループは、DNA損傷が引き起こす遺伝子変異のリスクをコントロールする分子メカニズムの一端を提示しました。
「基盤医学特論」を開催しました
2018.10.27
中村 能久 先生(シンシナティ小児病院内分泌学科 Assistant Professor)
“肥満の代謝調節におけるRNAネットワーク解析”

2018年12月14日(金)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
中村 能久 先生(シンシナティ小児病院内分泌学科 Assistant Professor) “肥満の代謝調節におけるRNAネットワーク解析”
2018年12月14日(金)17:00より 
於:本研究所 北館セミナー室
市民公開講座 2018「遺伝子研究最前線 -希少・難治性疾患との戦い-」を開催しました
2018.10.4
名古屋大学ホームカミングデイ2018 において、市民公開講座 2018「遺伝子研究最前線 -希少・難治性疾患との戦い-」 を開催しました。
希少・難治性疾患に対する治療法の開発を目的とした基礎研究から実際の患者さんのケアまで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きました。
名古屋大学ホームカミングデイ2018 において、市民公開講座 2018「遺伝子研究最前線 -希少・難治性疾患との戦い-」 を開催しました。
希少・難治性疾患に対する治療法の開発を目的とした基礎研究から実際の患者さんのケアまで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きました。
7月30日(月)に「基盤医学特論」を2講義連続で開催しました
2018.7.20
講義1. Thomas S. Kilduff 先生(Center Director, Center for Neuroscience, SRI International)
“Cortical nNOS/NK1R Neurons: Orchestrators of EEG Slow Wave Activity?”

講義2. Bilal Haider 先生(Assistant Professor, Biomedical Engineering, Georgia Tech & Emory University)
“Cortical state control of visual perception”

2018年7月30日(月)13:30-15:00(講義1), 15:00-16:30(講義2) 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
講義1. Thomas S. Kilduff 先生(Center Director, Center for Neuroscience, SRI International)“Cortical nNOS/NK1R Neurons: Orchestrators of EEG Slow Wave Activity?”

講義2. Bilal Haider 先生(Assistant Professor, Biomedical Engineering, Georgia Tech & Emory University)“Cortical state control of visual perception.”

2018年7月30日(月)13:30-15:00(講義1), 15:00-16:30(講義2)
於:本研究所 南館大会議室
「基盤医学特論」を開催しました
2018.6.29
進藤 英雄 先生(国立国際医療研究センター脂質シグナリングプロジェクト 副プロジェクト長 東京大学大学院医学系研究科 脂質医科学連携講座 准教授)
“生体膜リン脂質操作による生体機能解析”

2018年9月6日(木)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
進藤 英雄 先生(立国際医療研究センター脂質シグナリングプロジェクト 副プロジェクト長 東京大学大学院医学系研究科 脂質医科学連携講座 准教授) “生体膜リン脂質操作による生体機能解析”
2018年9月6日(木)17:00より 
於:本研究所 北館セミナー室
「2018年度環研カンファレンス(第二回)」を開催しました
2018.6.22
伊藤 綾香 先生(名古屋大学 環境医学研究所 分子代謝医学)
“脂質代謝と免疫応答のクロストーク”

2018年7月6日(金)16:00より 於:本研究所 南館大会議室 担当: 分子代謝医学
伊藤 綾香 先生(名古屋大学 環境医学研究所 分子代謝医学) “脂質代謝と免疫応答のクロストーク”
2018年7月6日(金)16:00より 
於:本研究所 南館大会議室 担当: 分子代謝医学
「2018年度環研カンファレンス(第一回)」を開催しました
2018.6.22
中沢 由華 先生(名古屋大学 環境医学研究所 発生遺伝分野)
“遺伝性DNA修復欠損性疾患の分子病態”

2018年6月22日(金)16:30より 於:本研究所 南館大会議室 担当: 発生遺伝分野
中沢 由華 先生(名古屋大学 環境医学研究所 発生遺伝分野) “遺伝性DNA修復欠損性疾患の分子病態”
2018年6月22日(金)16:30より 
於:本研究所 南館大会議室 担当: 発生遺伝分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.6.13
矢澤 生 先生(国立長寿医療研究センター研究所バイオリソース研究室長)
“グリア細胞を標的とした神経変性疾患の病態解明と治療戦略”

2018年7月12日(木)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 病態神経科学分野
矢澤 生 先生(国立長寿医療研究センター研究所バイオリソース研究室長) “グリア細胞を標的とした神経変性疾患の病態解明と治療戦略”
2018年7月12日(木)17:00より 
於:本研究所 北館セミナー室
本研究所学生がYIAを受賞しました
2018.5.25
第61回日本糖尿病学会年次学術集会において、本研究所分子代謝医学分野の博士課程大学院生(奈良県立医科大学糖尿病学講座)桒田博仁さんがYIAを受賞しました。
第61回日本糖尿病学会年次学術集会において、本研究所分子代謝医学分野の博士課程大学院生(奈良県立医科大学糖尿病学講座)桒田博仁さんがYIAを受賞しました。
「基盤医学特論」を開催しました
2018.5.23
井ノ口 馨 先生(富山大学大学院医学薬学研究部(医学)生化学講座・教授)
“記憶の物理化学的実体”

2018年6月29日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
井ノ口 馨 先生(富山大学大学院医学薬学研究部(医学)生化学講座・教授) “記憶の物理化学的実体”
2018年6月29日(金)17:00-18:30 
於:本研究所 南館大会議室
本研究所教員の論文が発表されました
2018.4.17
本研究所教員(病態神経科学分野、小峯起助教、山中宏二教授)らを中心とした研究グループが、神経難病 ALS(筋萎縮性側索硬化症)における自然免疫分子 TRIF の新たな神経保護機能を発見しました。
本研究所教員(病態神経科学分野、小峯起助教、山中宏二教授)らを中心とした研究グループが、神経難病 ALS(筋萎縮性側索硬化症)における自然免疫分子 TRIF の新たな神経保護機能を発見しました。
本研究所教員が学術奨励賞を受賞しました
2018.4.16
第55回日本臨床分子医学会学術集会にて、本研究所分子代謝医学分野の助教 伊藤綾香さんが第21回学術奨励賞を受賞しました。
大会議室・セミナー室を改修しました
2018.4.6
本研究所 南館・大会議室および北館・セミナー室を改修しました。
新しい部屋の写真を「»詳細」に掲載しております。
本研究所北館・南館のセミナー室を改修しました。
新しいセミナー室の写真を「»詳細」に掲載しております。
本研究所学生が若手研究奨励賞を受賞しました
2018.2.23
第32回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会において、本研究所分子代謝医学分野の博士課程大学院生(奈良県立医科大学糖尿病学講座) 桒田博仁さんが若手研究奨励賞を受賞しました。
第32回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会において、本研究所分子代謝医学分野の博士課程大学院生(奈良県立医科大学糖尿病学講座) 桒田博仁さんが若手研究奨励賞を受賞しました。
プレスリリースを更新しました
2018.2.21
環境医学研究所に「ラクオリア創薬産学協同研究センター」が設置されます。 名古屋大学初の産学協同研究センターであり、医学系研究科・創薬科学研究科と連携し、 医薬品候補化合物の創出を目指した研究を実施します。



 
プレスリリースを更新しました
2018.1.31
本研究所教員(神経系分野II、早坂直人特任准教授)らを中心とした研究グループが、リン酸化酵素SIK3が恒常性維持(エネルギー代謝、睡眠、概日リズム)に重要な役割を果たすことを発見しました。
本研究所教員(神経系分野II、早坂直人特任准教授)らを中心とした研究グループが、リン酸化酵素SIK3が恒常性維持(エネルギー代謝、睡眠、概日リズム)に重要な役割を果たすことを発見しました。
プレスリリースを更新しました
2017.12.13
本研究所教員(病態神経科学分野、山中宏二教授)らを中心とした研究グループが、加齢と認知症で加速する新たな神経細胞死を発見しました。
本研究所教員(病態神経科学分野、山中宏二教授)らを中心とした研究グループが、加齢と認知症で加速する新たな神経細胞死を発見しました。
プレスリリースを更新しました
2017.11.26
本研究所教員(分子代謝医学分野、菅波教授・田中助教)らを中心とした研究グループが、世界初の「エレクトロニクス(機械)フリー」かつ「タンパク質フリー」な仕組みによる人工膵臓デバイスを開発し、糖尿病モデルマウスでの医学的機能実証に成功しました。
本研究所教員(分子代謝医学分野、菅波教授・田中助教)らを中心とした研究グループが、世界初の「エレクトロニクス(機械)フリー」かつ「タンパク質フリー」な仕組みによる人工膵臓デバイスを開発し、糖尿病モデルマウスでの医学的機能実証に成功しました。
プレスリリースを更新しました
2017.11.17
本研究所教員(分子代謝医学分野、菅波教授)らを中心とした研究グループが、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の新たな病態メカニズムの解明に成功しました。
本研究所教員(分子代謝医学分野、菅波教授)らを中心とした研究グループが、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の新たな病態メカニズムの解明に成功しました。
市民公開講座 2017「神経難病の克服に向けて」を開催しました
2017.10.17
名古屋大学ホームカミングデイ2017 において、市民公開講座 2017「神経難病の克服に向けて」 を開催しました。
神経難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)を中心に、治療法の開発を目的とした基礎研究から実際の患者さんのケアまで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きました。
名古屋大学ホームカミングデイ2017 において、市民公開講座 2017「神経難病の克服に向けて」 を開催しました。
神経難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)を中心に、治療法の開発を目的とした基礎研究から実際の患者さんのケアまで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きました。
本研究所学生がトラベルアワードを受賞しました
2019.7.26
第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会(Neuro2019)において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・松原崇紀さんと伊澤俊太郎さんが国内トラベルアワードを受賞しました。
本研究所学生がベストプレゼンテーション賞を受賞しました
2019.6.28
第44回日本睡眠学会において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・洪啓栄さんがベストプレゼンテーション賞を受賞しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.6.21
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔助教・山中章弘教授)らは、北海道大学、本間研一名誉教授・客員教授らの研究グループと共同で、概日時計の中枢である視交叉上核の抑制性神経の新たな機能を発見しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.6.5
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授・小野大輔助教)らを中心とした研究グループは、中脳腹側被蓋野のGABA神経がノンレム睡眠を調節する新しい神経細胞であることを明らかにしました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.6.5
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、新しい遺伝子改変マウスを作出し、睡眠覚醒調節におけるオレキシンと、オレキシン神経に含有されるオレキシン以外の伝達物質の役割を明らかにしました。
本研究所教員が研究奨励賞を受賞しました
2019.5.9
第92回日本内分泌学会学術総会にて、本研究所分子代謝医学分野の助教 田中都さんが第39回研究奨励賞を受賞しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.1.22
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授・山下貴之准教授)らを中心とした研究グループは、光ファイバーを実験動物に刺入せず、ファイバーレスにて神経活動を操作する技術を開発しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.1.21
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都助教)らを中心とした研究グループは、マイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓のプロトタイプを開発しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2018.10.27
本研究所の教員(ゲノム動態制御分野、増田雄司准教授・益谷央豪教授)らを中心とした研究グループは、DNA損傷が引き起こす遺伝子変異のリスクをコントロールする分子メカニズムの一端を提示しました。
本研究所学生がYIAを受賞しました
2018.5.25
第61回日本糖尿病学会年次学術集会において、本研究所分子代謝医学分野の博士課程大学院生(奈良県立医科大学糖尿病学講座)桒田博仁さんがYIAを受賞しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2018.4.17
本研究所教員(病態神経科学分野、小峯起助教、山中宏二教授)らを中心とした研究グループが、神経難病 ALS(筋萎縮性側索硬化症)における自然免疫分子 TRIF の新たな神経保護機能を発見しました。
本研究所教員が学術奨励賞を受賞しました
2018.4.16
第55回日本臨床分子医学会学術集会にて、本研究所分子代謝医学分野の助教 伊藤綾香さんが第21回学術奨励賞を受賞しました。
本研究所学生が優秀発表賞を受賞しました
2018.2.23
第32回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会において、本研究所分子代謝医学分野の博士課程大学院生(奈良県立医科大学糖尿病学講座) 桒田博仁さんが若手研究奨励賞を受賞しました。
ラクオリア創薬産学協同研究センターの設置が決定しました。
2018.2.21
環境医学研究所に「ラクオリア創薬産学協同研究センター」が設置されます。 名古屋大学初の産学協同研究センターであり、医学系研究科・創薬科学研究科と連携し、 医薬品候補化合物の創出を目指した研究を実施します。



 
本研究所教員の論文が発表されました
2018.1.31
本研究所教員(神経系分野II、早坂直人特任准教授)らを中心とした研究グループが、リン酸化酵素SIK3が恒常性維持(エネルギー代謝、睡眠、概日リズム)に重要な役割を果たすことを発見しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2017.12.13
本研究所教員(病態神経科学分野、山中宏二教授)らを中心とした研究グループが、加齢と認知症で加速する新たな神経細胞死を発見しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2017.11.26
本研究所教員(分子代謝医学分野、菅波教授・田中助教)らを中心とした研究グループが、世界初の「エレクトロニクス(機械)フリー」かつ「タンパク質フリー」な仕組みによる人工膵臓デバイスを開発し、糖尿病モデルマウスでの医学的機能実証に成功しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2017.11.17
本研究所教員(分子代謝医学分野、菅波教授)らを中心とした研究グループが、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の新たな病態メカニズムの解明に成功しました。
本研究所学生が若手研究奨励賞を受賞しました
2017.10.27
第44回日本神経内分泌学会学術集会にて、本研究所神経系分野IIの博士課程大学院生 伊澤俊太郎さんが第17回日本神経内分泌学会・若手研究奨励賞を受賞しました。
本研究所学生が優秀発表賞を受賞しました
2017.4.30
第26回日本行動神経内分泌研究会において、本研究所神経系分野IIの博士課程大学院生 伊澤俊太郎さんが最優秀発表賞を受賞しました。
本研究所教員が文部科学大臣表彰(若手科学者賞)を受賞しました
2017.04.19
平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において、本研究所神経系分野IIの山下貴之准教授が「若手科学者賞」を受賞しました。
「若手科学者賞」は、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を対象としています。
「市民公開講座 2019「肥満は万病の元!?脂肪との正しい付き合い方」を開催します
2019.7.6
名古屋大学ホームカミングデイ2019において、市民公開講座 2019「肥満は万病の元!?脂肪との正しい付き合い方」 を開催します。 肥満の基礎知識から、楽しく実践できる運動・食事まで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きます。

講演1: 菅波 孝祥 先生(名古屋大学環境医学研究所 分子代謝医学分野 教授)
“肥満の基礎知識”

講演2: 浅原 哲子 先生(国立病院機構京都医療センター臨床研究センター 内分泌代謝高血圧研究部 部長)
“広げよう!メタボ撲滅の輪 −健康長寿を目指して−”

講演3: 天川 淑宏 先生(東京医科大学八王子医療センター 日本糖尿病療養指導士)
“ココロとカラダが動きたくなる運動療法の見える化とアート”

講演4: 伊藤 綾香 先生(名古屋大学環境医学研究所 分子代謝医学分野 助教)
“おいしく健康なオイルの食べ方”

2019年10月19日(土)13:00-15:45 於:野依記念学術交流館
「基盤医学特論」を開催しました
2019.7.19
Dr. Luis de Lecea(Professor, Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, Stanford University)
“Developmental Aspects of Sleep and Wakefulness”

2019年8月1日(木)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 神経性調節学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.6.3
柳田 素子 先生(京都大学大学院医学研究科 腎臓内科学講座 教授)
“細胞のふるまいからみた腎臓病”

2019年8月2日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 分子代謝医学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.5.14
井上 剛 先生(東京大学大学院医学系研究科慢性腎臓病病態生理学 特任助教)
“神経系—免疫系を介した腎臓保護作用”

2019年6月20日(木)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.2.28
谷口 俊恭 先生(東海大学医学部基礎医学系 分子生命科学 教授)
“DNA修復とがん:Fanconi anemiaから広がる世界”

2019年3月18日(月)15:00-16:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
2月4日(月)に「基盤医学特論」を3講義連続で開催しました
2019.2.1
講義1. Leon Mullenders 先生(Professor emeritus, Department of Human Genetics, Leiden University Medical Center (LUMC))
“Maintenance of genome integrity by transcription coupled repair.”

講義2. 大学 保一 先生(東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教)
“DNA複製動態の解明へ向けたゲノム科学的アプローチ”


講義3. 廣田 耕志 先生(首都大学東京 理学研究科 教授)
“ヒト細胞ゲノム編集研究で迫るゲノム維持メカニズムの解明”

2019年2月4日(月)15:00-16:30(講義1), 16:30-18:00(講義2), 18:00-19:30(講義3)於:本研究所 北館セミナー室 担当: 発生遺伝分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.12.23
笹沼 博之 先生(京都大学院医学研究科 放射線遺伝学 准教授)
“BRCA1は、DNA二重鎖切断端に共有結合したトポイソメラーゼ2除去を促進する”

2019年1月25日(金)16:30より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.12.13
戸田 浩史 先生(ハワードヒューズ医学研究所/ペンシルバニア大学 リサーチスペシャリスト)
“ショウジョウバエを用いた睡眠研究:睡眠誘導因子「nemuri」の発見”

2018年12月14日(金)15:00-16:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子神経科学分野
「2018年度環研カンファレンス(第三回)」を開催しました
2018.11.28
演題1. 金尾 梨絵 先生 (名古屋大学 環境医学研究所 ゲノム動態制御分野 助教)
 "ゲノム安定性を維持するヒト細胞のDNA損傷トレランス"
演題2. 夏目 豊彰 先生 (国立遺伝学研究所 分子細胞工学研究部門 助教)
  "染色体の恒常性維持に必須なヒトSMC5/6複合体の役割を探る:オーキシンデグロン法を中心とした新しいヒト分子細胞遺伝学を用いて"
演題3. 洪 啓栄 氏 (名古屋大学 環境医学研究所 神経系2分野 博士後期課程1年)
 "Orexin and MCH neurons double ablated mice showed severe sleep attack and cataplexy"
演題4. 吉種 光 先生 (東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 助教)
 "約24時間周期のリズムを生み出す体内時計の分子基盤"

2018年12月21日(金)15:00~17:00 於:本研究所 南館大会議室

※ 本カンファレンスは基盤医学特論を兼ねています。
第1回環境医学研究所シンポジウムを開催しました
2018.11.9
シンポジウムテーマ: 免疫系を介する全身臓器のクロストーク
招待演者:  理化学研究所・理事 小安重夫先生
       九州大学病態制御内科学分野・教授 小川佳宏先生
       大阪大学免疫フロンティア研究センター・教授 鈴木一博先生

シンポジウム終了後、ユニバーサルクラブ(名古屋大学シンポジオン2F)において懇親会を開催します。

2019年2月8日(金)13:00-17:20 於:名古屋大学環境医学研究所 南館大会議室
「基盤医学特論」を開催しました
2018.11.21
新井 郷子 先生(東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター 分子病態医科学部門 准教授)
“構造学的アプローチが照らし出すAIMとIgMの結合様式とその疾患制御における意義”

2019年1月23日(水)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.10.29
柚﨑 通介 先生(慶應義塾大学医学部生理学・教授)
“新しいシナプスの作り方(と壊し方)”

2019年1月25日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.10.29
山口 裕嗣 先生(スタンフォード大学医学部 博士研究員)
“脳視床下部によるマウス日内休眠の制御 / マウス成体脳における細胞種特異的な遺伝子編集”

2018年12月3日(月)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.10.27
中村 能久 先生(シンシナティ小児病院内分泌学科 Assistant Professor)
“肥満の代謝調節におけるRNAネットワーク解析”

2018年12月14日(金)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
市民公開講座 2018「遺伝子研究最前線 -希少・難治性疾患との戦い-」を開催しました
2018.10.4
名古屋大学ホームカミングデイ2018 において、市民公開講座 2018「遺伝子研究最前線 -希少・難治性疾患との戦い-」 を開催しました。
希少・難治性疾患に対する治療法の開発を目的とした基礎研究から実際の患者さんのケアまで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きました。
7月30日(月)に「基盤医学特論」を2講義連続で開催しました
2018.7.20
講義1. Thomas S. Kilduff 先生(Center Director, Center for Neuroscience, SRI International)
“Cortical nNOS/NK1R Neurons: Orchestrators of EEG Slow Wave Activity?”

講義2. Bilal Haider 先生(Assistant Professor, Biomedical Engineering, Georgia Tech & Emory University)
“Cortical state control of visual perception”

2018年7月30日(月)13:30-15:00(講義1), 15:00-16:30(講義2) 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.6.29
進藤 英雄 先生(国立国際医療研究センター脂質シグナリングプロジェクト副プロジェクト長 東京大学大学院医学系研究科 脂質医科学連携講座 准教授)
“生体膜リン脂質操作による生体機能解析”

2018年9月6日(木)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
「2018年度環研カンファレンス(第二回)」を開催しました
2018.6.22
伊藤 綾香 先生(名古屋大学 環境医学研究所 分子代謝医学)
“脂質代謝と免疫応答のクロストーク”

2018年7月6日(金)16:00より 於:本研究所 南館大会議室 担当: 分子代謝医学
「2018年度環研カンファレンス(第一回)」を開催しました
2018.6.22
中沢 由華 先生(名古屋大学 環境医学研究所 発生遺伝分野)
“遺伝性DNA修復欠損性疾患の分子病態”

2018年6月22日(金)16:30より 於:本研究所 南館大会議室 担当: 発生遺伝分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.6.13
矢澤 生 先生(国立長寿医療研究センター研究所バイオリソース研究室長)
“グリア細胞を標的とした神経変性疾患の病態解明と治療戦略”

2018年7月12日(木)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 病態神経科学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.5.23
井ノ口 馨 先生(富山大学大学院医学薬学研究部(医学)生化学講座・教授)
“記憶の物理化学的実体”

2018年6月29日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.4.3
池田 賢司 先生(カリフォルニア大学サンフランシスコ校 Kajimura lab 博士研究員)
“SERCA2bを介したカルシウム循環が制御するベージュ脂肪細胞のUCP1非依存的な熱産生機構”

2018年5月18日(金)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.3.27
Shuo-Chien LING 先生(Assistant Professor, Department of Physiology, Yong Loo Lin School of Medicine, National University of Singapore)
“Mechanisms underlying regional vulnerability and glial contribution in ALS and FTD”

2018年4月20日(金)18:00-19:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 病態神経科学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.3.26
高田 昌彦 先生(京都大学霊長類研究所 統合脳システム分野 教授)
「霊長類脳への遺伝子導入手法の進展と応用」

2018年4月27日(金)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 神経性調節学分野
講師を募集しています
2019.7.1
発生遺伝分野にて講師を募集しています。詳しくは「詳細」をクリックしてください。
特任助教を募集しています
2019.6.10
内分泌代謝分野にて特任助教を募集しています。詳しくは「詳細」をクリックしてください。
研究員を募集しています
2019.3.28
脳機能分野にて研究員を募集しています。詳しくは「詳細」をクリックしてください。